英検資格と大学受験

ビジネスに役立つ英語資格、英検

仕事に必要な英検の資格レベル

英語に関する資格はいくつもありますが、その中で最も有名なのが英検です。英検は1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級と分かれており、1級が最も難しく順に易しい資格となっています。このうち履歴書に書けるのは2級以上だとされています。これはだいたい高校卒レベルです。最近社内での公用語が英語だったり、外国の取引先と英語でメールをやりとりする会社も増えてきています。仕事で英語を使うなら少しでも上の級のほうが役に立つのは言うまでもありません。また翻訳や通訳など英語のプロとして仕事をするなら準1級程度の英語力が必要です。

英検資格は大学受験にも繋がる

英検の資格を取るために勉強することは、大学受験にも大いに役立つのです。例えば、推薦やAO入試での大学受験を検討しているのであれば、1つの評価材料になりますし、場合によっては加点をされることもあるので、それだけ有利に働くわけです。また、一般入試の場合であっても、英検の勉強をすることによって、大学受験の英語対策にもなるわけですから、資格を取得したことは決して無駄にならないのです。もちろん、大学受験以外でもいろんな場面で役立ってくれるでしょうし、何より語学の学習をするということは、とても大事な経験になるわけです。

↑PAGE TOP